人間は欲望に弱く、浪費をする生き物である

一口に「浪費」と言っても色々あります。それが将来性のある投資なのか、意味のない無駄遣いなのか、実は誰にもわかりません。考えようによっては、お金を使うという行為全てが浪費とも言えますし‥。
私は20代の前半、本当にお金がありませんでした。地元に居るのが嫌になり、東京で一人暮らしをしていたのですが、一日一食、毎日パスタばかり食べて過ごしていました。そう、満足に食費すら捻出出来ないような惨めな生活を送っていました。
その頃、私が考えた節約方法は「図書館に通う」でした。厳密に言えば、通うというより住むような感覚です。
夏場や冬場の、アパートの光熱費はバカになりませんので、日中はずっと図書館に居ました。
幸いなことに本の虫である私は、書物がある限り、永遠に退屈を覚える事はありませんでした。雑誌やDVDが観れるのも嬉しかったですね。
おまけにトイレはいつもキレイだし、水も無料で冷たいのが飲み放題。まさに天国。万年、金欠地獄の私にとって、図書館は大袈裟でなく都会のオアシスでありました。即日キャッシング注意点
このように日中は図書館で過ごし、夜はパスタ食べてとっとと寝る。これが私の無理なく出来る都内一人暮らしでの節約方法でした。
結論から言えば、結構楽しい時間でした。今でもそんな生活が無性に懐かしく感じられる時があるのは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です