節約の極意とは、嗜好品絶ちにあり!

節約の極意とは何ぞや? 
これはやはり「嗜好品」をいかに辞めることが出来るかにかかっていると思います。
私は20歳の時から25年近く煙草を吸ってきました。金額に換算すれば高級外車が余裕で買えたと思います。
今更そのことを後悔しても遅いので、ここはポジティブに考えました。
これからでも遅くない、煙草を辞めてお金と健康を手に入れようと。
禁煙に関しては最初の1週間がとにかく眠くて辛かったですが、気合で辞めることに成功しました。これにより月間1万円は浮くことになりました。みずほ銀行カードローン 審査
次は食後のコーヒーです。これも昼食の後、会社の同僚たちと喫茶店に行くのが習慣になっていました。1日350円、月間にすれば約8000円です。同僚たちには「胃腸に違和感があるので医者に行ったら、しばらくコーヒーは飲むな」と言われたと嘘を付きました。少し心苦しいですが、節約のためには仕方がありません。
煙草とコーヒーの次は、おつまみです。煙草を吸わなくなってコンビニには行かなくなったかというと、実はその逆でした。今まで以上にコンビニに足が向くようになってしまったのです。
原因は「口寂しい」からです。ついついアメやガム、スナック菓子などを購入してしまうのです。
今現在は「お菓子絶ち」にチャレンジ中です。それでも月の出費は明らかに減ったので、現時点でも効果てき面です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です