お金を分けて、貯金上手になる。

我が家では、給料がでると、お金を【分ける】という作業を行います。

まず、封筒を用意し、食費、生活用品、光熱費、家賃、保険、小遣いなど、というように各種の用途にあわせてお金を振り分けていくのです。こうすることで、自分が決めた範囲で買い物するように気を付けるようになりますし、余ったお金は貯金をするという習慣ができます。

私の場合、決まった金額しか使えないというのがストレスに感じることがあるため、別に月3000円ずつ積立てをしていて、それを繰り越しながら、ささやかな贅沢をしたいとき、それを使うようにしています。こうすることで貯金にはできるだけ手をつけないでいられます。(個人差はありますが……)

また、日々の買い物で、クレジットカードで買った方がお得という場面も少なくありません。しかし、カードでは手元のお金が減らない分、ついつい出費が増えてしまいがちです。そこで、カードで購入したときも、手元にあるお金を使った金額の分、引き落とし用の通帳に移すようにしています。このように、決まった金額で生活するということを、カード払いにも適応させることで、使いすぎを予防しています。

使いすぎの予防でいうと、家計簿をつけることも大事です。お金を何にいくら使っているかということが、目に見える形であれば、自分のお金の流れがわかります。何をいくらで買ったか、というのをつけるだけでも、いかに自分が無駄遣いをしているかがわかります。自覚することで、自ずと財布の紐は固くなります。

もちろん、貯金をすることが目的ではなく、ほしいものや夢のために貯金をしているのですから、必要なときにしっかりお金を使うことは必要だと思います。しかし節約するところ、出すところのメリハリをつけることは、大事だと感じます。借金 一本化 おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です